つなぎの診断士

自動車整備士の資格と経験を持つ経営コンサルタントのブログ

社歌をなめんな!

今朝の日経の広告欄にこんなものがありました。(リンクはWEB版です。) shaka.nikkei.co.jp 社歌ですと!?いろいろ調べていくうちに反省しました。私、社歌なめてました。社歌に対する私のイメージはこうでした。朝礼で訳の分からない歌詞をノリの良くない…

日本サッカー界のビジョン

昨日は中日ドラゴンズの根尾くんについての話題からビジョンがあると応援したくなる。ということをお伝えしました。今日は私の好きなサッカーの話にしようかと思います。JFA(日本サッカー協会)は2005年に理念、ビジョン、バリューを新たに掲げています。 w…

ビジョンがあるから応援したくなる

珍しく野球ネタです。根尾や清宮ら「U-23 NPB選抜」は豪華メンバー 森木や鵜飼らルーキー5人も選出 news.yahoo.co.jp 野球にU-23なんてあったんだ!?という驚きもあるのですが中日の根尾くんが選ばれました。さて、根尾くんはピッチャーなのか野手枠で選出…

教えるのは最後の手段

1on1のミーティングで振り返りから部下の「教訓を引き出し」行動を促すのですが部下の方で具体的な行動が浮かばない。そんなときは別の質問で他の教訓や別の概念を引き出します。ここは質問のスキルが試されます。そして常にフィードバックを行うことで引…

1on1上での上司と部下のコミュニケーションとは

1on1では上司が部下の経験学習サイクルを回すことで実際の課題解決が同時進行で行われていくことを目指します。経験学習サイクルはこちらです。具体的経験 ↓振り返り ↓教訓の引き出し ↓応用・実践 最初のステップは「具体的な経験」仕事上で経験したことを…

部下を成長させるサイクル

昨日は1on1が必要とされてきた背景をお伝えしました。いつも忘れてはいけないのは「部下の成長支援のための時間」だということです。そして1on1の構造として上司と部下の間で「経験学習サイクル」がまわっていることです。重ねて新しい言葉がでてしまい…

なぜ1on1が求められるのか。

昨日は1on1のポイントとして・上司と部下が1対1・継続的に実施・部下の成長支援のための時間特に3番目の部下の成長支援のための時間かどうかというところが大事なところとお伝えしました。そもそもなんで今1on1という形態が求められてきているかとい…

面談は誰のための時間?

昨日は常に現状と目標が明確になっていてフィードバックしあえる組織が成長するということをお伝えしました。フィードバックをする場として最近注目されているのが1on1です。 ヤフーが2012年から導入してその成果と共に注目されました。1on1の定義として一…

成果をあげるチームがしていること

昨日はついお笑い好きが出すぎて週末のテレビ番組の話をしてしまいました。今日は話を戻したいと思います。土曜日に開催したセミナーに参加いただいた方の振り返りで多く出たのが目標を共有することでした。ではなぜ目標を共有することが成果をあげられると…

人を笑わせられるのもビジョンがあるから

週末は久しぶりに声をだして笑いました。土曜日の夜にフジテレビで放送された「IPPON女子グランプリ」を観たのです。 news.yahoo.co.jp 参加者は全員女性芸人または女性タレント。審査員&解説者として主宰の松本人志さんや麒麟・川嶋さんなど豪華なメンバー…

気づかないとわからない。

昨日、働き方改革の本質を学ぶゲーム型研修「ライフ・スイッチ」の体験会を実施しました。大学生も参加し合計7名で2チームに分かれ勝敗を競いました。最初はゲームのルール理解に難儀しながらもだんだんと要領がつかめほぼエラーなしで進めました。後の振…

今日、ゲーム型研修体験会です。

今日は午後から「働き方改革の本質を学ぶゲーム型研修」の体験会を行います。 参加者もゲームが成立する人数まで集まりほっとしています。普段の仕事や生活で起こっていることが不思議とゲームの中でも起きます。そしてゲームを通して問題に気づくことができ…

フィードバックをゴルフで理解する。

昨日は「フィードバック」についてお伝えしました。フィードバックとは目標からのズレを相手に教えることです。 仕事以外でよくあるフィードバックはゴルフでコースを周っているシーンです。特にキャディさんがいる場合です。 ティーショットでフェアウェイ…

本当にそれ、フィードバック?

最近いろいろな場面でフィードバックをいただく機会が増えてきています。「フィードバック」ってよくあるカタカナ表記のビジネス用語ですがみなさんもビジネスシーンで1回は使ったことがあるのではないでしょうか。フィードバックの語源は諸説ありますが一…

ジャイアントキリングが起こっています!

今日は朝早くから出ずっぱりだったのでこんな時間になってしまいました。ふとツイィッターに目をやると「ジャイキリ」がトレンドに。思わず反応していしまいます。「ジャイキリ」とはジャイアントキリングの略です。簡単に言うと大番狂わせですね。サッカー…

怖いですがしがみつかず手放してみましょう

名古屋に戻ってきました。昨日の大阪ではいろいろあったのですがその中でも大阪市内で飲食店を8店舗も経営している経営者の方との話が印象的だったのでそのことをお話しします。大阪で8店舗も経営しているってすごいですよね。かなりの剛腕かなと思ってま…

利用者の立場になってわかるもの。

昨日から大阪に来ています。プライベートの用事だったのですが今日は夕方から大阪で仕事をいれています。それまで梅田のコワーキングスペースで仕事をしています。かなりの利用者がいますが開放的で人の多さは気になりません。オシャレな雰囲気が仕事できる…

インバウンドか日本人か

京都に来ています。観光することはないのですが昨日鴨川のほうにいったらものすごいたくさんの人がいました。 京都在住の仲間に聞いたらこの1,2カ月で急に増えた感じということです。名古屋にいるとわからないですが日本のトップ観光地にくると変化の違い…

資格取得の先をイメージする。

今週末は京都に向かっております。京都で中小企業診断士の同期と会うことになっています。1年間毎週3回の講義を受け苦楽を共にしてきた仲間です。中小企業診断士って人気の資格と言われてきましたが私の肌間では何をする人なのか全然知られていない感じです…

強みの源泉

先週末からずっと三島市のことをお伝えしています。ちょうど一週間前に新幹線から発信していますがあっという間ですね。この時間の流れの速さが恐ろしくもあります。三島の取組みは人という強みを活かしたコミュニティづくりにありました。企業の活動におい…

住みたくなる街、三島

三島市のまちづくりの中心は地元の人はもちろんですが移住者の力もとても大きいです。その中で出会ったのがゲストハウス「giwa」とコワーキングスペース「三島クロケット」を運営している山守さんです。ゲストハウスgiwa www.giwa-guesthouse.com 東京の企業…

強みは人

先週末から三島市の企業についてお伝えしていますが三島市の街づくりの取組みも注目したいところです。三島市って聞いて何を連想されますでしょうか?正直言って何か特徴的なものやことは思い浮かびません。しかしそこに今、人が集まりつつあるのです。地理…

ビジョンは波紋のように広げていく

三島市の雄・加和太建設株式会社の河田社長が示した社内の変革プロセス1.視察2.社員の愚痴聞き3.ビジョン作成4.事業戦略策定5.人事戦略策定6.小さな成功の積み重ね7.大きく発信3.ビジョン作成段階ではまだ変革の最初の段階です。社内には60名…

社内変革のプロセス

加和太建設株式会社の河田社長が示した社内の変革プロセス1.視察2.社員の愚痴聞き3.ビジョン作成4.事業戦略策定5.人事戦略策定6.小さな成功の積み重ね7.大きく発信最初の1~3のプロセスはとても秀逸だと思います。一方で多大な苦労もあった…

仕事楽しいですか?

今日も静岡県三島市からお届けしています。お伝えしている加和太建設株式会社。代表の河田社長の話ではご自身が入社した時の状況は業績も組織も今と比べられないほど厳しいものだったそうです。河田社長が社内の変革プロセスとして示していただいたのが1.…

企業が街をつくる

昨日から静岡県三島市に来ています。三島市内のいろんな企業が連携して三島市のまちづくり、ブランディングをしている取り組みを視察しました。その中心的な存在であるこちらの企業加和太建設株式会社 www.kawata.org いわゆる中堅ゼネコンですが三島市と企…

ベンチマークして、ベンチマークされるのを目指す。

今、新幹線で三島に向かっています。先週は神戸でしたがこうやって週ごとに新幹線に乗り遠出をするのは久しぶりです。いつもはチームビルディングの仲間との勉強会でしたが今回はまた別のコンサルタント仲間の勉強会です。三島の街づくりに関わるモデル企業…

効き脳もつい忘れちゃうんです。

昨日お伝えした仮想体験ゲームですがゲーム内では基本的に自分の効き脳が表れます。そして参加メンバーの効き脳つまり強みを活かしてゲームに取り組むことでゴールを達成することができます。これは「クリエイティブプロセス」を回すことになります。クリエ…

仕事は集中してやるもんじゃない

昨日はチームビルディングの仮想体験ゲーム勉強会のお手伝いをしていました。仮想体験ゲームは簡単なゲームを通して組織の中で起こっていること仕事中に自分に起こっていることに気づいてもらいます。ルールは「簡単」ですが難易度は様々です。ゴールを目指…

オンライン会議で「顔を出せ!」、でもできないものはできない。

新しいお客様、とくに関東方面の方と話す機会があるとかなりの割合でテレワークをしていることが多いです。オンライン会議で「顔を出せ!」 気疲れ不調に要注意 bizgate.nikkei.co.jp 全員がテレワークが当たり前のこの会社でも「ビジョン合宿」といって経営…