つなぎの診断士

自動車整備士の資格と経験を持つ経営コンサルタントのブログ

すいません、ショックすぎて。。。

日本負けました。

コスタリカ相手に0-1の敗戦です。
はっきり言ってこの記事を書いていて
辛くなってきますし
ちゃんとした分析もできません。

森保監督は一喜一憂するなと
言いましたが一喜一憂しています。

ドイツ戦で爆上げしたテンションを
一気に底まで落としてもらって
スペイン戦で上げてもらう
ジェットコースターのような
予選の展開を期待したいです。

ほんと何を書いているか分かりません笑

すいません、今日はこの辺にしたいと思います。

日本人なら当たり前~

今日の夜はいよいよコスタリカ戦です。
初戦のドイツに勝ったこと、スペインが
コスタリカに初戦で大勝していることで
でよりこの試合の重要さが増しました。

日本の勝利を信じます。


そして毎回のことですが
日本代表の試合後のロッカールームが
綺麗に清掃されていること
日本サポーターがスタジアムを清掃
ている光景が海外から賞賛されています。

森保監督も海外メディアにこのことを聞かれ

「日本人にとっては当たり前のことかなと思っている」

ほんとそうなんですよね。
こうやって答えるしかないんですよね。

なんで清掃するのかといわれたら
そんなもんだからと。

日本人の素晴らしさであり世界に誇る強みです。
強みは無意識的に当たり前にやっていることなので
普段はその強みに気づきません。

自社の強みは?と聞かれ明確に答えられる人は
少ないです。さらっという人もいますが
ではなぜそうなっているのですか?と
聞いてみるとなでだろう?と言う人多いです。

なので私が提供する「効き脳診断」や
戦略ボード「ソコアゲ」で客観的データで
確認するのもいいですし
関係者やお客様から聞いてみるのも効果的です。

海外でのプレーがもたらすもの

テレビではまだドイツ戦当日の
状況を伝える特集をやってますね。
ということで私も乗っかりたいと思います。

今回の代表メンバーはほとんどが
海外でプレーしているメンバーです。
特にドイツで主力として活躍している選手もいます。

普段から屈強な海外の選手と
やりあっているので
それが当たり前になっています。

そして最先端の戦術やメンタルを
身に付けています。

そういった選手が日本代表に
加わった時にそれぞれが得たものを
チームに還元する。

そんな好循環が回っているのかと思います。
これまでも日本代表には海外でプレーする選手は
いましたが、数も増え、主要リーグ、
ビッグクラブに所属する選手も増えたことで
よりよい循環サイクルになっているのかと思います。

副業やリスキリングといった本業とは
別の分野を学び今の仕事に活かすのも一緒で
外の世界の技術や知見を得ることで
相乗効果を生むという考えも必要ですよね。

なんでもいい、小さくてもいい、共通の話題から関係性を構築する

ワールドカップでの歴史貴的勝利から
2日経とうとしていますがまだ
テレビでもこの話題で持ちきりです。

昨夜会った友人も普段は
サッカーをあまり見ないようですが
私と会ってすぐサッカーの話を始めました。

おそらくいろんな職場で
同じようなことが
起こっているのではないでしょうか。

一夜にして日本国民が
共通の話題で話ができる。
素晴らしいですね。

こういう時はお互いの興味を知ったり
その人の考えを知る良い機会だと
思いますのでサッカーの話を
最初のネタにして関係性を
ぐっと近づけたいですね。

日曜日にはより一層大事な試合となった
コスタリカ戦があります。
しかも19時キックオフです。
日曜日の19時って超ゴールデンタイムです。

日本代表にはぜひ勝ってもらって
翌日月曜日の職場の話題作りに
寄与してもらいたいと思います。

日本vsドイツ、マジックなのか謎采配なのか

ワールドカップ初戦
日本がドイツに歴史歴勝利!

興奮が冷めません。
同じく大金星を挙げたサウジアラビア
翌日が祝日になったようです。
日本も祝日にするべきかと。

いろいろと書きたいことがあるのですが
まずは森保監督の采配です。

後半のシステム変更、選手交代の早さ、
選手のポジション。。。
あんなの今までやったことなかったじゃないですか!

全日本国民が4年もの間
森保監督に騙され続けたと
言ってもいいぐらいの采配でした。

一言で表すなら

前半を終わって
「腹をくくった」

でしょうか。

でもこれは監督・リーダーにしかできません。
唯一決断できる人なのです。

そして未来のイメージを選手に
伝えて指し示し続けることなんです。

ただ、今回の後半の展開は
本当にイメージしていたのか
全員が共有できていたのか
正直言ってわかりません。

だからサッカーは面白い。

「傾聴」と並び大事な「承認」

昨日はコミュニケーションにおいて
大事な「傾聴」についてお伝えしました。

傾聴とならび大事なことは「承認」です。
承認とは
1.そのことが正当または事実であると認めること。
2. よしとして、認め許すこと。聞き入れること。
3. 国家・政府・交戦団体などの国際法上の地位を認めること。
(goo国語辞書)

コミュニケーション上では2の意味で
とらえることがほとんどです。

これも頭では理解できるけど
いざやろうと思うと難しいんです。

なぜなら自分が当たり前と思うことが
相手にとってはそうでないことが多いからです。

例えば目の前の相手が
「こんな仕事してこんな大変なことがあったんだ」
と話した際に
自分にとってはそうでもないことでも
「そうなんだね、大変だったんだね」と
相手の状況を鑑みて伝える必要があります。

これだけでも相手は聞いてもらっている
と思うようになります。

しかも相手が効き脳のCが高い人であれば
なおさらです。
効き脳Cは人間関係を重視する思考です。

人は自分の効きを相手にも
求める傾向がありますからCが高い人は
自分のことを承認してもらいたいと強く思います。

自然にできる人は良いですが
意外に難しいなと感じる人は
相手の効き脳も意識しながら話すと
できることもあります。

傾聴のコツ

昨日はコーチングについて
少しだけ触れました。

最近とてもコーチングとか
傾聴とか言葉を目にします。

傾聴:耳を傾けて、熱心に聞くこと。
(goo国語辞書より)

言葉で表すと至極当たり前で
簡単にできそうですが
相手がいる会話の中で
傾聴を意識するというのは
とても難しいです。

特に自己表現・自己主張性の高い人は
相手の放った言葉に反応して言葉に出て
さらに自分の言葉に共感を求めるからです。

この時点で傾聴はできていません。

かといって自分は全く話さず
相手に話させてばかりだと
会話の内容を理解できず
何か意見を求められても
返すことができません。

傾聴のコツは相手が話したことを
他人に説明するつもりで聴くことです。

他人に説明する際は自分が
内容をしっかり理解していないとできません。
さらに感情もくみ取らないと
上手く表現することもできません。

今、上司は部下の話を傾聴することが
多くの場面で求められています。
部下の話を自分の上司に説明する想定をして
聴いてみるとよいかもしれません。